女性たちの物語 #12
『That One Day』

『That One Day』
by Crystal Moselle

たった1日で、すべてが変わってしまうことがある。

17歳の少女が旅の途中で出会ったのは、人生が変わる瞬間。ニューヨーク郊外に住むレイチェルは、 男性優位主義による差別が日常茶飯事の生活に嫌気がさし、スケートボードに乗って自分探しの旅に 出る。ある日、レイチェルが出会ったのはカリスマ的な魅力を放つ恐れ知らずの女性スケーターたち。 彼女たちが見せてくれたのは、レイチェルが見たことのない世界。それは、女性たちが友情で結ばれ、強く、自分らしく生きている世界だった。「今日-」レイチェルは、打ち明ける。「私は生まれて初めて、いつもの孤独感を感じなかった。」

ミュウミュウ「女性たちの物語」の第12弾となる『THAT ONE DAY』は、アメリカ人映画監督 クリスタル・モーゼルにより手掛けられました。

「女性の人生における思春期に、たまらなく惹かれます。少女でもなければ、女性にもなりきっていない、あの時期に」-クリスタル・モーゼル監督。

『THAT ONE DAY』で表現される思春期とは、白昼夢を思わせる、もろくか弱いひととき。女性であることを謳歌し、若い女性が直面する厳しい現実にも怯むことのないスケーターたちの姿が、穏やかなスローモーションで描かれています。「私が思春期の真っただ中にあったとき、ミュウミュウは少女から大人へと成長して行く私のストーリーにおいて、とても大きな存在でした」とクリスタル・モーゼル監督は語ります。

Interview with
Crystal Moselle

Interview with
Rachelle Vinberg

もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る

Photos by Brigitte Lacombe

作品の背景