2011年春夏

Photographer: Mert&Marcus
Stylist: Joe McKenna
Casting: Querelle, Sasha Pivovarova, Kasia Struss

ギャラリー

ミュウミュウ2011年春夏レディスウェア広告キャンペーンが演技と舞台の精神へと誘います。舞台はきらびやかな鏡の間。女性の想像力と願望のあらゆる側面が人物とワードローブを通して表現されます。

テキスタイル、カラー、カットは、それを身に纏う登場人物と同様に詩的で複雑です。フォトグラファーのマート・アラスとマーカス・ピゴットがロンドンで行った撮影では、モデルのケレル・ヤンセン、サーシャ・ピヴォヴァロヴァ、カシア・ストラスが全員オールバックヘアと深紅の口で登場し、ほとんど呼吸しないマネキンのようなスタイルで登場します。

しかし、全体的な効果は受け身になるどころか攻撃的であり、セレブリティのことで頭がいっぱいな社会を映し出しています。スクリーン上の衣裳にインスパイアされた花、炎、ヘビ、星のプリントは相応しいスタイルにアレンジされています。なめらかなサテン、厚手のコットン、レザーを、グラフィックを用いながら変わらぬフェミニンなシルエットに仕立てています。 強烈な色彩は並外れて深く、明るく、大胆です。ブラック、ホワイト、ルビー、サファイア、エメラルドと、かすかに光るゴールドとシルバーとの対比には意外性があり、蛍光色のピンク、レモン、ライムはさらに斬新で、意外に穏やかな色彩です。

最も強い力を与えられ、同時に与えるアイデンティティの輝かしい探求は、楽しい創意と魅力にあふれたフェミニティの研究です。