様々なバックグラウンドを持った有名女流監督が、ミュウミュウと女たちの愛のストーリーを魅力的な短編フィルムで描きます。

まず最初に登場するのは、ゾエ・カサヴェテス監督です。ロンドンのクラリッジ・ホテルを舞台にした魅惑的でドラマチックな短編フィルム『パウダールーム』は、題名が示唆するとおり、女性らしさの頂点とも言える世界へと私たちをいざないます。女たちが交わすしぐさによって、華やかな美の儀式が進行するこの世界。カサヴェテス監督は、パウダールームのロマンチックな暗号を利用して、ミュウミュウの世界の美しさと贅沢を映し出します。

「パウダールームという概念に、私は大変な魅力を感じています。
そこで繰り広げられる儀式が、女性にとってはとても大切だからです」と、カサヴェテス監督は説明しています。何かが起きる直前に身支度を整える。そんな発想に、何か特別なものを感じます。その親密な感覚が好きなのです」。

その他のストーリー

『Muta』
女性たちの物語 #2

ルクレシア・マルテル監督

『The Woman Dress』
女性たちの物語 #3

ジャーダ・コラグランデ監督

『It’s Getting Late』
女性たちの物語 #4

マッシー・タジェディン監督

「The Door」
女性たちの物語 #5

監督:アヴァ・デュヴァーナイ

『ヴッチリアの女性たち』
女性たちの物語 #6

監督:ヒアム・アッバス

『Spark and Light』
女性たちの物語 #7

by So Yong Kim