皮肉な歴史を持つ建造物とカラフルな舞台背景は、ミュウミュウが描くあらゆる側面を持ち合わせた女性を表現しています。イベント会場となったこの建造物は、高級娼婦であったエスター・ラフマン(ラ・パイヴァ として知られる)の邸宅として、1800年代半ばに建てられました。

ラ・パイヴァはこの贅沢な館で、度々魅力的なデカダン派の夜会を開きました。彼女の交友関係は、フランスの小説家ギュスターヴ・フローベールやエミール・ゾラをはじめ、文学、アート、政治に携わる人々から 知識人まで、多岐に渡ります。

Hotel de la Paiva は、1904年から、旅とバックギャモンを愛するジェントルマンズ・クラブ「トラベラーズ・クラブ」が所有しています。ロンドン、上海、ロサンゼルス、マカオにて開催されたミュウミュウ クラブが発展し、新たなミュウミュウ クラブ パリ(the-miumiu-club Paris)がオープンしました。