ミュウミュウ2018年春夏広告キャンペーン

最新のミュウミュウ広告キャンペーンは、若者の心が集う場所として北アメリカ南西部の砂漠を舞台に撮影されました。ミウッチャ・プラダの手掛けるミュウミュウ2018年春夏コレクションを飾るモデルは、エル・ファニングをはじめ、アドウォア・アボア、オリビア・アナクウェ、エディ・キャンベル、オーミ・ジャンメ、フェイス・リンチ、リアンヌ・フォン・ロンパイ、キャメロン・ラッセルです。女性がデザインしたファッションを身に纏うことは、実験的思考をはぐくみます。歴史的かつ革命的な建造物が存在するこの場所に集まるのは、ソーシャルネットワークを駆使して革新的な姿勢を促進する女性たちです。

たとえば、エル・ファニングはジェンダーフリーを推進するプログラム、REALgirlで積極的に活動しています。アジョワ・アボアーは、社会的進歩を目指して、メディアプラットフォームのGurls Talk、Save the Childrenの大使、Heads Togetherとの協働などの活動を行っています。エディ・キャンベルは、ファッション業界の悪弊撲滅という明確な目標を掲げて様々な出版物で記事を書いたり、発言したりしてきました。キャメロン・ラッセルは、有名なTED Talkでのモデル業界の不正に関する発言、機会均等のためのプラットフォームであるSpace-Made、気候変動に対する啓発キャンペーンであるPeople's Pilgrimage、Earth Day in Fashion、Flower Challenge、映画「Climate Warriors」など、様々な形で幅広いテーマを掲げて活動しています。

再び写真家アラスデア・マクレランのレンズを通してミュウミュウの最新コレクションをお届けします。それはある種の空想的世界を促進するファッションであり、古典的なワークウェアのシルエットにフローラルパターンやチェック柄のレイヤーを用いて、コミュニティーの簡素さと秘められた切なさを表現しています。壮大なコンクリートの街並みとは対照的に、しなやかな素材には宝石やウィッカー、皮革、レースなどが、砂の中から発見された宝物のようにアクセントとしてほどこされています。功利主義と理想主義、自由と過酷な物理的制約の両方を連想させる風景として延々と広がる南西部の砂漠は、保存、正義、コミュニティー、デザイン、自由精神の解放など、探求するテーマが何であれ、その実験の可能性の大きさを体現しています。