SUDDENLY NEXT SUMMER(次の夏は突然に)

アラスデア・マクレラン氏が手がけた、ミュウミュウのキャンペーンとしては3作目となる「Suddenly Next Summer」(次の夏は突然に)は、アメリカの女優、エル・ファニングを中心に、カリフォルニアのビーチをのんびりと楽しむ友人たちを表現しています。このフィルムはビッグバンドジャズのスイングサウンドで幕を開けます。ホームビデオや20世紀半ばのニュース映画のようなスタイルで撮影されており、その興奮と楽しさがレンズを通じてそのまま伝わってきます。ファニングに加えて、カレン・エルソン、キャロリン・マーフィー、ララ・ストーンが、波打ち際で笑いながら遊ぶ間、ずっと画面の外からはナレーターの乾いた興奮の声が流れます。ナレーターは、コメントの中にブリティッシュパテの1940年代の水着に関するストーリーを取り入れて、時代錯誤でもあり現代的でもある内容を話します。その声で、どれも「とてもいい感じ、とてもすてき」と思い出されます。